伊豆長岡温泉について

伊豆の踊り子の舞台になったのは湯ヶ野温泉ですが、その著者の川端康成が伊豆長岡温泉について、「伊豆の温泉で一番肌に良い」と書いていることは、あまり知られていません。古くは源頼朝も好んだと言われる無色透明な美肌の湯は、長時間入らなくてもお肌がつるつるになる、まろやかでとても優しいお湯です。そんな名湯ですが、山奥にあるわけではなく、伊豆半島の入口と言える付け根部分の、電車でも車でもたいへん訪れやすい場所に位置します。開けた場所にある温泉街の雰囲気がとても明るいこともあり、気軽に訪れるには最適な温泉と言えるでしょう。温泉街の東には、世界遺産となった韮山反射炉がほど近く、西に小高い山を越えれば穏やかな西伊豆の海。三津シーパラダイスや淡島マリンパークなどのレジャースポットにもこと欠かず、駿河湾の新鮮な海の幸も味わえます。

伊豆長岡温泉について

年に何度も訪れる、伊豆長岡温泉について書いてみます。伊豆半島の付け根付近に位置するこの温泉はとてもアクセスが良く、都内から車でも電車でも3時間程度で訪れることができます。山奥の秘湯も良いものですが、度々訪れるにはこの便利さがとても助かります。それなのに温泉のはとても良質で、無色透明で柔らかなお湯は、文豪川端康成が「伊豆の温泉で一番肌に良い」と書いたほど。本当にお肌をつやつやにしてくれる美肌の湯で、このお湯目当てに年に何度も訪れる女性も多いそうです。温泉とともに楽しみなのが、温泉街から車で西に15分程の駿河湾。西伊豆のおだやかな海越しに、迫力のある富士山の景観を眺めたり、マリンパークのような施設を訪れたり、地魚を扱うお店で新鮮な海の幸を味わったりしています。また、温泉街からほど近くには、世界遺産認定された韮山反射炉もあります。

伊豆長岡温泉について

日本には、数多くの魅力的な温泉がありますが、ここでその中でも人気の温泉の1つである伊豆長岡温泉についてみていきましょう。静岡県にあるこの温泉は、およそ1300年ほど前からあるという歴史的にも非常に古い温泉です。泉質は、アルカリ性単純温泉で、温泉街には、温泉での治療を目的としている病院もいくつかあるほど、身体に良いとされており、遠くからこの温泉を目当てに足を運ぶ方も少なくありません。また、この地域は、昔から歓楽街的な温泉として栄えていたため、今もその名残が残っています。その昔を思わせる温泉街も、観光スポットとして密かに人気を集めています。さらに、この付近には、レジャー施設や観光スポットも多いので、子どもからお年寄りまで楽しめます。ですから、家族連れで楽しむにはおすすめの旅行先です。是非1度出かけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*